ダミーの防犯カメラは動くタイプ

防犯カメラを設置する目的は抑止力とされます。カメラが玄関にあるだけでそれを見た人はこの家は良くないと逃げてしまうことがあります。となると家の中のものがとられるわけではありません。ですから撮影すること自体が必要なくなります。カメラを設置する時必ずしも撮影機能が必要なわけではありません。外から見て撮影しているように見えていればそれだけで抑止力になることがあります。では単に見えるだけのもので良いかといえばさすがにそうも行かないでしょう。ダミーと呼ばれるタイプがあることは良く知られています。全く動かなければダミーと感づかれることになりますから、当然それを知って入られてしまうケースも出てきます。ダミーを用意するにしてもダミーに気づかれないような機械を用意します。動くタイプであったり、赤いランプがつくタイプなどだと気づかれにくいです。

防犯カメラで白熱灯のちらつきに対応

日本ではなぜか電気の周波数が2種類あります。それもちょうど日本を2つに分割するところできれいに分かれています。東側が50ヘルツ、西側が60ヘルツとなっています。それによって不具合が出るかですが、一部の家電製品では調節が必要な場合があり、簡単に変更できる場合があります。そうでなければ両者間で引越しをするときは修理をしたりしないといけなくなるので注意します。防犯カメラは特に何もないと感じるでしょうが、問題は映像にあります。東日本は50ヘルツですが、白熱灯がちらつくように撮影されることがあります。室内を撮影する時、通常では見られないちらつきが映像では見えます。非常に見難くなります。それを解消するための機能がついたタイプを選ぶようにします。そうすればちらつきもなく、きれいな状態で見られるようになります。

防犯カメラは撮影範囲を上手く調節

カメラやビデオカメラで撮影する時はどの辺りまでを撮影するかを確認しながら行ないます。人の写真を間近で撮影することもあれば、集合写真を少し遠くから撮影することもあります。集合写真となると少し離れたところから撮影する必要があるでしょう。離れればそれぞれの人の顔は小さく見えます。近づければ大きく見えます。当たり前のことですが、用途に合わせて調節が必要です。防犯カメラを設置する時、どのように撮影範囲を決めるかがあります。玄関を撮影する時、まさに玄関で作業している様子を撮影したいなら玄関下部分にピントが合うようにしなければいけません。一方で広く玄関周辺を撮影したいならそのあたりまでがピントに入るようにしなければいけません。近くにしようと設定して近くになりすぎたりすればそれも問題になるので、見ながら調節をします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)